ボトックス注射での小顔整形を受けるためのクリニック選び

様々な効果がある

注射器

仕組みとその特徴を理解しよう

顔を小さくする場合や表情筋が原因でシワができている場合そのシワを取り除くためには、ボトックス注射が重要になります。ボトックス注射自体は、1980年代にアメリカで流行ったものですが、副作用が出ると言われておりしばらくは副作用を避けるため利用することが少なくなる状態が続きました。当然その段階では日本で利用されていませんでしたが、時間の流れとともに日本でも利用されるようになったのです。本格的に日本に上陸したのは2000年以降になります。それ以前から利用されていた部分もありますが、一般人にはそこまで浸透していなかったと言えるでしょう。ボトックス品川では、副作用が少ないと言われているボトックス注射を採用しており、副作用が起こらないように細心の注意を払いながら治療をしています。それと同時に、ボトックス品川ではボトックス注射の仕組みも比較的簡単なため、信頼できる医療業者から採用したと言えるでしょう。ボトックス注射の中には、ボツリヌス菌と呼ばれる神経を麻痺させる細菌が含まれています。本来であれば、食中毒の原因となるボツリヌス菌ですが、うまく美容や医療のほうに転用し副作用がない細菌として利用されることになりました。例えば、仕組みを見ればボトックス注射を打つことにより顔が小さくなる理由は筋肉を縮小させているからです。筋肉は、使わなくなると少しずつ減少していきますが、ちょうどエラが張っている部分も筋肉が多い部分になります。この部分を注射をすることで減らすことができれば、顔が小さくなると言えるでしょう。当然一時的に麻痺しているだけになりますので、半永久的に効果が持続するわけではありません。しかし改良に改良を重ねた結果、半年程度は効果が持続するようになっているのが特徴です。

ボトックス品川では、ボトックス注射の特徴をよく理解しながら施術に用いています。その特徴の1つは、注射1本で筋肉の麻痺をさせることができる点です。筋肉の麻痺をさせることにより、多少顔の動きが悪くなりますが、時間の経過とともに元通りに戻ってきます。つまり、注射をする場合でもある程度知識があり経験が豊富な医者が行えば、ほぼ問題なく日常生活を送ることができます。しかしながら、腕前の悪い医者や経験が少ない車だと、注射の製剤の量が少なかったり、あるいは製剤の量が多すぎたりと問題が出てくる可能性もあるでしょう。製剤の量が少ないと効き目が悪くなる一方で、製剤の量が多いと筋肉が麻痺し顎や表情筋などがうまく働かなくなります。このように考えれば、腕の良い医者に任せるのが1番安心と言えるでしょう。ボトックス品川では、質の良い製剤を利用しているのが特徴です。質の良い製剤とは、お金はかかるものの効果が抜群に現れるだけでなく、持続期間も長いことです。持続期間に関しては一般的に半年程度と言われていますが、人によってはもう少し効果が見られることもあります。一説によれば、1回目の注射よりも2回目の持続期間が長く、1年以上長持ちするとも言われている位です。この点に関しては医学的な根拠はありませんので、すべての人に妥当するかどうかは難しいものの、いずれにしても長期で利用する場合には定期的に通い安定した状態を保つことも可能です。料金は1本あたり5000円から20,000円位になるでしょう。1度に2本以上打つため、その2倍程度のお金がかかります。